園長先生の言葉

私たちは同じ目線で子どもたちの声に耳を傾け
一緒に考えることを教育理念にしています

玉川幼稚園では、先生やお友だちと、楽しく充実した集団生活を過ごしていくなかで、『生きる力』の基礎を身につけていくことを大切にしています。「三つ子の魂百までも」の例えの如く、この大切な幼児期に「よく遊び・よく学び」を教育目標に掲げ、人間形成が決まるといわれている2歳児から5歳児までの間に一貫して育てていくことにより、自立と自信に向けて歩んでいくことが大事であると考えます。

子どもたちにとって、幼稚園は言うまでもなく初めての集団生活の場です。だからこそ、細やかな指導の目が行き届き、子どもたちが常に信頼できる大人に見守られているという安心感の中で、「よく遊び・よく学び」が思い切りできるのだと思います。

私たちは、先生がまず子どもたちの気持ちを先取りし、子どもたちと一緒に生活のリズムを共有して、できるかぎり幼児の気持ちに寄り添い、心の声に耳を傾け、子どもたちが素直に自己表現できるような環境づくりを大切にしていきたいと思っています。

子どもたちは触れるもの、見るもの全てに興味をもっています。そしてその旺盛な好奇心を発揮して、周りにあるものや人に対して全身でぶつかってきます。そのような幼児期の特質を見つめながら、日々研鑚に励み、新しい教材を取り入れ、子どもたちからも多くを学び、保育を進めていきたいと思います。

当幼稚園は、今まで通りの幼稚園として地域に根差した伝統ある園として継続してまいります、これからも、集団生活の中でこそ創り出せる「遊びの場・学びの場」を、子どもたちにたくさん与えていきたいと思っております。

 

Copyright(c) 2012 tamagawa-youchien All Rights Reserved.